忍者ブログ
  • 2018.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/18 14:35 】 |
終わったらーめん
どうも、二連休が単発の休みに変身し、なにそれどんな魔法?つーかむしろエナジードレイン?そーいやロマサガってDS版でないのかなとか思っちゃってるじゃんですこんばんわ。


いや、うん……
本当は今日明日と休みのはずで、もうそれはそれは泥のように眠る予定を間違いなく踏襲し(多分踏襲の使い方間違ってる)、起きたら午後4時をとっくに回っており、もそもそしながら整体にいったらそれだけで一日が終わってました。

てゆーか。
明日が休みだと思ったから一日睡眠で終わらせたわけで。
あの仕事先はわたしを殺す気なのだろうか。
水曜に休みは久しぶりだから整体二日連続いって、映画でも見ようと思ってわくわくしていたあの時間を返して頂きたい(検察官が被告人に真実を告白するよう迫るときの真顔

整体の帰りに本屋に立ち寄ったのですが(前回の休みで本を衝動買いしてたので今回は何にも買わなかった)、そこで何かのイベント誌の拍子に3輪明宏氏のイラストでですね、見出しが

「三連休、どこへ行く?」

でした。


さんれんきゅー……
へぇ、さんれんきゅーねぇ。
仕事でしたわよ、ええ、仕事でしたわ。むしろ後半はほとんど記憶がないくらい忙殺されてましたわ、あたくし。
え?さんれんきゅーって終わったの?もう世間は平日だ?あら、あたくし、平日も仕事でしてよ。れんきゅう?それはお灸を連続ですることの略語か何かかしら?

ごめんなさい、若干ってか盛大にやさぐれています。
(余談ですが「やさぐれる」なのか「やぐされる」なのか未だによくわからない)

で。
その三連休とやらの二日目。
仕事中にあるまじきことが起こりまして、くっそ忙しい中そのことの処理と店を回すことでテンテコダンスを華麗に披露し、10時終了予定があら不思議、11時を平気で回り、かえってよしのゴーサインが出たのは12時近くでございましたとさ。
そんな前日の疲れを睡眠だけでカバーできる若さはとうになく、ってか例の童話のように道にぽろぽろ落としてきたんだと思うのですが、おんなじ通路をとってるにも関わらず落としたはずの若さは見つかりません。

で、その翌日、つまり月曜日ですね。
疲れを残すとはこういうことかと、本気で実感してました。
あの日ほど自分が白魔法士でないことを恨んだ日は無い……!
ケアルのレベルでいいんです!ケアルのレベルでいいから回復系の呪文を使いたかった……!手持ちアイテムにエリクサーがあればもういうことは何も無い。
ポーションでもいいけど、あまりに魔法を使いすぎると思うのでMP対策でやっぱりエリクサーだと思うんですよ。
てゆうか、この性格で白魔法士とか(鏡を斜めにしながら


そんな月曜日(連休最終日はこれでもかってくらい忙しくて本気で何してたか記憶に無い)、皆の回復呪文はこれでした。

「おわったらーめん」

これはもう、あれですね、レイズに近いと思います。
そう、戦闘不能から回復できるものの、そのHPは本来の1割に留まる塔いう、あれです。体力は常に黄色表示、何かの拍子にうっかり赤になり、そして戦闘画面ではうつぶせになっている。
まるで彼らの背中には今まで戦ってきた敵兵の微笑が薄ら見え、そして近くで未だたっている仲間ももうもたない……!


えー何を言っているのかわからなくなってきたのですが(手の動くままにキーボード叩いてるからこうなる)。

おわったらーめん。

これは本当にレイズの役割を果たしてくれました。
積み上がる食器類、割れるグラス、洗濯しきれないダスター……次々に襲い来るモンスターにもこの呪文は非常に有効でした。決して眼前の敵を一度になぎ倒すとかそういう類のものではなかったけれど、この呪文、冒険者達をぎりぎりのところで復活させてくれた。

おわったらーめん。

こいつを唱えて明日もGO!
PR
【2008/02/13 04:24 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<二度とやらん | ホーム | きやつは最悪じゃ!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]