忍者ブログ
  • 2018.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/10 09:04 】 |
心が痛むぜ……コネコちゃん
わけの分からない題名から始まるのはいつものことです。こんばんわ、じゃんです。
ってゆうか、
はいはい、めりくりめりくり、おめでとう、めりくり。

今年はバイトなんであんまり気合が入らないめりくりコールですいません。いや、毎年気合が入ったためしがない。今年はリアルの友人と宅飲みしつつまた12時間耐久で飲むらしいですよ。

……サンタさん、来ないかなぁ……

って思ってたらきました、一足早いサンタさん。
日が通るペリカンに乗って。帰りがけにばっちり28610円むしりとって帰っていったよ。だって代引きだもん。

ガンダムDVDBOXきたぁ!

やっべどうしよう、初回限定仕様のフィギュアとかついてんですけども!これはもう兄貴に自慢するしかねぇ!わざわざ実家に持って帰って見せびらかした挙句、取り上げられる前にしまうしかない。そしてそのままガンダムみながら夜を過ごすのだ(32歳のいいオトナと2○歳の学生がやることじゃない)
しかも、今回は一ヶ月前からネットで予約してたので諭吉様一人分のお値段が違いました。ありがとう、サンタさん。

ところで今日、久しぶりにオフだったので神楽坂あたりまで出かけました。うっかり本棚かって来ました。これから組み立ててひら積みにされているあの本をしまうのがも~面倒です。
ってゆうか、大掃除の時間があるのかどうなのか非常に微妙なところ。
おろろ~~~んorz

さて、毎回のぎゃくさいの話です。

3の攻略が終わりました……終わりました、けど!ものっそい心が痛みましたよ!だってだって、だってなんだもん☆(きもし
いやもう、ぶっちゃけやすんとごどー検事とみったんの三つ巴です。三つ巴っちゃあヒノエんちの家紋だな。どうでもいい。
あれだ、ほんと、逆転していったよ。そしてあんな結末でもいいと思ってしまったよ。。。
見事に自分のなすべきことしか見えてない平泉の御曹司と、不器用すぎてバカな検事その1と、暑苦しいくせに渋くてそれでもバカな検事その2と暮らしたいですよ。

ちょいちょいぎゃくさいの話も書いてみたくなりました。
いや、自分の首を絞めるだけなのでケータイに打つだけにしておきます。

さて!
めりくりめりくりと言ってるだけではなんかアレなんで、ここに小話投下しておきます。
相手は誰だか決めてないけど。
ヒロインが望美かどうかもわからないけど。
そして遙かの話かどうかもわからないけど。(←!
困ったもんだ、と
その男は困った風でもなく、軽い口調で言った


Big Wishes for You!

「あのさぁ、知盛」
「……なんだ」

顔一つ分高いところから低い声が降ってくる。ちらと視線を上にすれば銀色の後頭部が対して揺れもせず先を歩いていた。この分だと、振り返る気は全くないようである。

「クリスマスなんだから人が多くて当然なんだと思うよ」
「知ったことか」

ふんと鼻から息を吐き出す。仕方ないので外出している彼にとっては、確かにクリスマスだカップルだ、なんてことは全く関係のないことである。まして、あの世界は仏教が浸透していた時代である。異教のお祭りなんか、二重の意味で関係がない。

「でもさ、その凶悪な面さらして出歩くのはどうかと思うけど」
「……」
「だってほら、あの人、知盛見て道譲っちゃったよ!」
「……」

コふざけた言葉にもムッツリとした沈黙しか返ってこない。こりゃ本格的に不機嫌だわ、まぁどうしましょうとつらつら考えていると、ポケットに入った携帯電話が鳴った。

「もしもーし。あ、ちょ、先に行くなって!迷っても知らないから!」
「知るか……」

仕方なしに、早足で歩いていく彼に追いついて会話をいくつか交わす。携帯電話の向こうにいる人は、大丈夫?、と優しく聞いてくれた。

「あー大丈夫大丈夫。これからそっち行くからー」
「……来るの?」
「おー、ばっちり連れて行くよー」

二三言電話でライトな会話を交えながらも、道に迷うことはない。明後日の方向に行こうとする知盛の袖をひっ捕まえて角を曲がった。捕まえていないほうの手は、これから会いに行く人への、お土産を持たせている。
大体、この口を開けば眠いとかだるいとかしか言わない男を、混雑が予定されている日に連れ出すという、いわば仏でもやらんような所業をやってるんだからこれくらい、当然だ。

「……まだ、歩くのか」
「はいはい歩きますよーその足は何のためですかー」
「……」
「だからその凶悪面を引っ込めろと」

もうちょいだから、と限りない嘘をつきつつ、歩けばその家が見えてくる。

「あのさ」
「なんだ」
「あたし、これから用事あるから、彼女によろしく言っておいてね」
「……意味が、わからんな」
「だから、抜けるということです。お二人でよろしくやってくださいね」

あの家、と指をさして目的地を示すと、知盛は菫色の瞳をきゅうと絞らせてこっちをみてくる。が、その中に怒りの色は見えない。この顔だ、この皮肉って笑ってる顔。
この顔見ると、無性にいじめたくなるんだが、ここはぐっと我慢。食うか食われるかのサド合戦になってしまう。だって今日は特別な日。彼の――嘘か真か、はたからみれば判別つかないのだが――想いを寄せる人が、待っている。

「お前もまぁ良くやるものだな」
「うん、まぁどうでもいいよ。じゃあね」

というわけで唐突に任務は終わった。
今日と言うこの日を、全ての恋人達が祝福の光の下にいることを願うこの日を、一緒に過ごしたいと言い出せなかったあの人。愚痴と不満しか口にしないくせに、なんだかんだで一緒にいるあの人は、今、どうやってこの男のことを待っているのだろうか。
今日くらい、好きだよと素直に言ってみればいいのに。

素直じゃないなぁ

つと振り返れば、知盛は家の玄関をくぐるところだった。

まぁ、クリスマスだし、ね?

二人が、幸せに過ごせますように。
だってクリスマスはイチャコラこいても許される日、ですよね?





説明をつけないとわからん駄文ですいません。
あれです、
面倒くさがりでクリスマスとかどうでもいいと思ってる知盛を、知盛の彼女の家まで連れていくって話です。
知盛の彼女は誰か?

えー、知盛好きの皆さんですよ。
じゃんが貴方のおうちまで知盛を連れて行きます。



その前に逃げるけどね!



ごめんなさいごめんなさい!こんなんしか小話浮かんでこないんです!ぎゃふん!
PR
【2006/12/24 03:52 】 | 未選択 | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
<<はい、めりくり | ホーム | お帰りなさいませ>>
有り難いご意見
あ   り   が   と   う
ありがとうありがとう!
私のために知盛を!(違
おかげで知盛とこってり甘い夜を過ごせそうですムッハー!(大興奮)
連れてきてくれるというのがいいですね。じゃんさんはサンタなのかそうなのか。想いを寄せられているというのにもう妄想MAXショック死ですよ。ああめりくり!
そうなの私素直じゃないの!一緒に過ごしてなんて言えない!(突然)(あれだけ叫んでおきながらこの野郎)
今日のこの日に知盛小話というタイムリーさに驚きながら、私のためにありがとうと勝手に礼を言っておきます。
バイト頑張って!
私も友達の家で迷宮してきます(……)
ではでは、めりくり!(笑)
【2006/12/24 08:44】| URL | ミイコ #294f3e617a [ 編集 ]


どーいたしまして!
とりあえずめりくりと言ってみたじゃんです。こんばんわ。

お喜びいただけたようでなによりですー^^
知盛をたたき起こして連れ出し、さらに荷物まで持たせて歩かせるという荒業に出てみました。
がんばりました。
胸焼けがするほどの甘い夜をお過ごしくださいませ。
【2006/12/25 01:38】| | じゃん #553a5df414 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]