忍者ブログ
  • 2018.05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2018.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/06/18 12:56 】 |
ありがとうございました!
金八に参加された皆様お疲れ様でした、そしてじゃんのお相手をしてくださった皆様、ありがとうございました!
素敵なこの2日間の思い出を胸に抱きながらこの先一ヶ月は生きていけると思っているじゃんですこんばんわ。


私はオフをやらないので今回も今回とてミイコさんの売り子をやってきました。
なぜか売り子の私にまで差し入れを下さった皆様、ありがとうございます。全力で差し出がましい存在にまで気をかけてくださって……(涙で前が見えないよ)
イベントは普段お会いできない方々に会え、サークルの皆さんの熱気もあってやっぱりいいものですね。
そういえば髪の毛が長いほうがミイコさんで短いほうがじゃんだ、と何度かこの日記でも言っておりますが、本当に私のほうが髪の毛短いんです。ミイコさんの髪の長さになるにはあと三年待つかエクステつけるしかありません。なので髪の毛が短い人間(らしい存在)から買った方々、それはじゃんです。ミイコさんではありません。
(何人か勘違いされたっぽい?方が見受けられたのでここで激白)←遅い

4発売後とあってジャンル自体が盛り上がっていることもあり、私の売り子歴の中でも一番忙しかったイベントではなかったでしょうか。気がついたらとっくに昼回ってました(笑)
撤退するべーと撤退し、アフターもいつもどおり面白おかしく、よくわからないけどぎろっぽんを引率する羽目になり、翌日は実に一年ぶりにお屋敷へご帰宅しました。

どうでもいいけどぎろっぽんは好きです。全然詳しくないし物価が全体的に底上げされてるので買い物すらしないけど(びんぼーってなんだ!?)、あの人種が入り乱れて混沌としてる雰囲気はいいですねー!
全然知らんよ、と言っているのに

「美味しいラーメン屋知らない!?」

と言い出すのはまごうことなきウチのスペ主です。
目に入ったこーめんはフード系で働いていたとき、よく同僚と食べに行ったラーメン屋で実に思い出深いお店であります。
(「おわったらーめん」の呪文を唱えると自動的にこーめんに移動するという、FFに出てきそうな呪文がありました)(FFにラーメン屋はないけどな!)

あ、何か思い出してきた。
超絶店が忙しい最中、
「店閉めて鬼ごっこしようZE☆」
とか
「よし、今日の閉店は午後6時だ野郎ども!」
とか
「お目が高い!」(もはや意味不明)
とか
ある意味現実逃避としか思えないようなことを口走ってました……。てんちょがいないところで。そのたびに周りからはげまされていた記憶がある。
まぁ店で働いていた経験は今になっても現場になれば役にたちますが、何よりも

売り子をやってる時に役立つ

わけですが。
(目線を落とさず札束数えるのはその賜物です)



ところで前日、私は久しぶりにはちゃに会い、そして遊んだ場所はぎろっぽんだったわけですが、目的はお魚さんだったんです。
あーもーお魚さんって私にとっての最高の癒しだと思います。
つうか私にとってお魚さんは

マイナスイオンの塊です

水族館のような多種多様性はなかったのですが、熱帯魚から淡水の観賞魚を中心にし、水中レイアウトを芸術的に見せているようなアクアリウムだったんですが、もーあれだ、隣のはちゃに呆れられるくらい

「かわいいわーかわいいわーもーかわいいわー」

と水槽に張り付いてました。
なんであんなにかわいいの。
魚は見るのも飼うのも食べるのも好きです。
イベント会場に出展していた中に平目釣りがありまして、スタッフさんの説明を聞いてみると

「愛情もって育てればお刺身サイズまで成長しますよ~」

とのこと。(注:観賞用平目でもちろん海水と同じ濃度の塩水で飼育します)
一番おったまげた平目つり。
私はお刺身サイズになるまで育ててやろうかと思いました。

が。
その日一番の驚きは金魚展のラストを飾る

100万円のらんちゅう

でした。
(ランチュウという品種のかわいい金魚がいるんです)
ヤツからは高級娼婦のような、大臣の身分をもってしても予約が取れるかどうか判らない、そんな夜の蝶の、高飛車な気品を感じました。(しかもでかい)

とりあえずぎろっぽんの夜景はカポーたちに譲っておきました。
とても賢い選択だった、と胸を張って言います。言い張ります。



(尚、下の日記に不適切なコメントが投稿されていたようです。
 気付いて削除するまで間が空いてしまい、誠に申し訳ありませんでした。誤ってクリックしてしまった方に深くお詫び申し上げます)
PR
【2008/09/16 23:50 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<徒然なるままに | ホーム | さらば夏、2008>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]