忍者ブログ
  • 2018.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/18 15:28 】 |
あっ……れ……
気がつけば時間が経っている、そんなじゃんですこんばんわ。

もうね、なんだろう、もう二度とやるまいと思ってもやってしまうオール明けバイト。普段から使い物にならないのに更に輪をかけてスットコドッコイになれるオール明けバイト。
10日に4月の目標を立てたのに早くも打ち破りました。寝坊が怖くて床で寝ました。しかも寒かったので肩はまた元に戻った模様です。あれ、時空跳躍した?

話は前後しますが、日曜日にサイトマスター様方とお会いしてまいりました!執事喫茶にも行って来ました!SNSの日記に事細かに書き綴り、みくしのほうにまるっとコピペを乗っけておきました。
えー……箇条書きフレーバー上等で書いてみます。
(こんかいお会いしたのは鳥居様・ミイコ様・夕顔様)

・遅刻した(土下座)
・三人パスタという優雅なものをチョイスした横で丼プリカッくらう
・歌を歌い、銀の歌は正座して歌った
・将臣×望美の同人誌を買った
・執事喫茶で一人歩きをしてはならない
・執事喫茶で女王になるのは無理
・「当家の執事は優秀ですから」を噛まずに言えた。
・返答は「もったいないお言葉です」だった。

以上を踏まえ、反省する点は

・前日の労働を体に残してはならない
・皆といるのにフリーダムしちゃだめ
・銀の歌の最中におしゃべりしない
・話の最中にマイワールド禁止!
・とりあえず武士からお嬢様になる。

まだありますが、こんなとこです。しかし楽しい日曜日だった……!久しぶりの休日だったからなおさら……!

かたや火曜日。19時過ぎまで授業を受けた後、おなじみはっちゃんとカラオケオールしてまいりました。最近のラインナップは混沌としてまいりまして、初めて歌うんだけどは言うまでもなく、覚えてないなぁと言うものから懐メロまで歌うようになりました。いや~M真木(バラが咲いた)に助けられる日が来るとは!
時間つぶしのファミレスで「八匹の子ヤギ」(パロ)のプロットを立てるとは思いもよらなんだ。あんなに真剣にアホなプロットたてるとは思いもよらなんだ。二人で話しているといつだってカオスです。

でも譲ありがとう、すっげ笑った。
そろそろ君の落書帳が終わりになりそうだから二冊目用意すんね(私信)

さ、て。
ずいぶんお待たせしてしまいましたが、拍手・メールお返事いたします。
返事が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

メールお返事
11日常盤燈鞠様>感想ありがとうございます!
最後の三話はひたすら心を追う、特に終わりの二話に関しては会話を持たせずにいかに思考を伝えるか、ということに終始した回でした。
会話というのはあくまで音であるので、必要な音だけをのせていって不要な音を省いた結果でもあります。
で。最後のセリフは初めから決まっていて、恋を囁けるような甘い状況にいないふたりならではかなぁと思います。日記でちらと書きましたが、あくまであの二人はあの瞬間に完成してしまって未来がないので落ちることへの恐怖、みたいなのを描けたらいいなぁと。
えー……なんだかもっともらしいことを書いていますが、結局は自分の好みの終わり方に落ち着いたのが本音です(笑)
いろいろ考えさせられる連載でしたし、更新もかなり遅かったのですが、最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。


拍手お返事
10日23時台「熱病が「発病」に!!~」のかた>
お返事がかなり遅くなりまして申し訳ありません。一週間以上もお待たせしてしまいましたね。
あの二人は二人の時間にいられるだけでもう幸せになれるのだろうと思います。暖かいお言葉ありがとうございます。
ついでに題名ですが、熱病の発病の瞬間、という意味で発病なんですが、表記してみたらなんか間抜けですね(笑)
感想、そしてお読み下さりありがとうございました!


11日綾花様>
お返事をかなりお待たせしてしまって申し訳ありませんでした。
二親とも同じ、という兄弟ではなく片親だけ同じ、という近親相姦の恋愛(と、いうより自覚して落ちてゆく過程)の話でした。弁慶の思考と言うのは、きっと頭がいいので回転が速く、関係あることからないことまで総合して考えていて、しかし口に出すのはその十分の一にも満たぬ、という印象から最後の二話はああいう描写になりました。
えー次回は……もうちょっと自分の中で充電ができてからにします(笑)もし次回がありましたらお付き合いくださいませ^^



「熱病」の最終回にたくさんの拍手をありがとうございました。
長い連載にお付き合いくださった方、お読みくださった方に感謝申し上げます。
PR
【2007/04/19 02:33 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<光陰矢の如し | ホーム | 戻しました>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]